住宅購入のポイント

Home > 住宅購入のポイント > 資金計画 > 住宅ローンの知識 > 頭金を貯めてから建てるか、今建てるか?

資金計画

住宅ローンの知識

借りる金額

頭金を貯めてから建てるか今建てるか

まずは、現在のような低金利の状況で、本当に「自己資金2~3割を用意する」必要があるのかどうかということから考えてみましょう。
現在、銀行などの金融機関も住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のフラット35も、土地、建物、諸費用のほとんど全額を融資するので、全体の2~3割の自己資金を用意しなくても物件を購入できます。その一方、自己資金がないと住宅ローンの借入金額が多くなるので、毎月の返済額も、総返済額も多くなります。
では、自己資金が無くても物件を購入できる現在、『頭金を貯めてから建てるか、今建てるか?』 どちらが良いのでしょうか。
それは、今後の金利動向次第です。
現在の金利水準が高く、今後下降していく局面でしたら「しっかり貯めてから購入」したほうが良いでしょう。
反対に、これから金利が上昇していく時期であれば「今建てた方が得」だと言えます。

例えば、下図のように2500万円を金利2%で35年間借入した場合と、1%上昇して金利3%になった場合を比較してみます。
金利が1%上昇した場合の毎月の返済額の変化 金利が1%上昇した場合の借入可能金額の変化 金利が1%上昇し、毎月の返済金額を金利2%の時並みに維持しようとすると、借入可能金額は約350万円ダウンしてしまいました。言い換えれば、住宅資金として購入金額(2500万円)の2割である500万円を貯めたとしても、その間に金利が1%上昇してしまうと152万円に効果が薄れてしまうというわけです。
以上のことから、金利が低い現在は、土地購入費、住宅建築費、諸費用を100%ローンが組めるというメリットを一番活かせる時期だと思います。
    次の知識を読む
いますぐ資料請求
住宅購入のポイント一覧に戻る

土地 売地 中古住宅などの不動産の取得 売却のご相談はお気軽にお問い合わせください

サンアイ不動産くらぶを見てとお電話を AM9:00~PM8:00まで電話受付
    ネットで来店予約 無料 資料請求

住宅購入のポイント

資金計画

消費税10%になるとどうなる? 資金計画の重要性 住宅ローン実例 住宅ローンの知識 今と3年後ではどっちがお得? 住宅コストは40年間でいくら? 賢い住宅ローンの組み方

土地探し

土地探しタイアップシステム 欲しい土地を見つけるポイント 土地が見つからない方へ 現地を見学したい方へ

住宅購入の基本

新築 vs 中古どっちがいいの?

サンアイ不動産くらぶについて

会社案内 店舗・スタッフ紹介

施工実績

施工例 モデルハウス

安心な暮らしのために

保証
  1. ネットで来店予約
  2. ハウスドゥ熊谷西店 ハウスドゥ東松山店
  3. 埼玉県の不動産はサンアイグループ
  4. 1億円の地震保証付き建売住宅
  5. UR都市機構
  6. JIO 日本住宅保証検査機構
ページの先頭へ戻る