]

住宅購入のポイント

Home > 住宅購入のポイント > 資金計画 > 住宅コストは40年でいくら?

資金計画

住宅コストは40年でいくら

新築戸建・中古住宅・賃貸、いろいろな居住スタイルが選べるけどどれが一番お得なの?
リフォーム費用や税金って結局いくらかかるの?
25歳からライフスタイルが変化する65歳までの40年間で、それぞれの居住スタイルごとにかかる費用をまとめました。
    新築戸建 中古住宅 賃貸
    購入価格 2600万円 2000万円 7.5万円/月
    (家賃7万円+駐車場0.5万円)
    仲介手数料 - 66万円
    (物件価格の3%+6万円)
    -
    諸費用 130万円
    (物件価格の5%と仮定)
    100万円
    (物件価格の5%と仮定)
    -
    更新料 - - 2年ごとに15万円
    購入にかかる総費用 2730万円 2166万円 -
    初期費用 - - 45万円
    (敷金2・礼金2・仲介手数料1・初月度家賃1)
    ローン 2730万円 2166万円 -
    金利 0.875% 0.875% -
    支払利息 440万円 246万円 -
    ローン総支払額 3170万円 2412万円 -
    リフォーム修繕費 480万円
    (月額1万円)
    1200万円
    (月額2.5万円)
    総支払賃貸料

    7.5万円×12ヶ月×40年=3600万円

    更新料(2年ごと)

    7.5万円×19回=142.5万円

    火災保険(契約時+契約更新時)

    3万円×20回=60万円

    固定資産税 約380万円 約300万円
    住宅ローン控除 ▲約270万円 ▲約210万円
    住宅総コスト 3760万円 3752万円 3802.5万円
    新築戸建との比較 - 8万円 42.5万円
    総コストは新築戸建とほとんど変わらない 総コストは000万円多くかかるが資産としては何も残らない
    ポイント

    中古住宅の場合、住宅ローンの支払い総額は安く抑えられますが、建物のメンテナンスまで含めた40年という長い期間の総コストで考えると、新築と変わらないケースがほとんどです。
    特に新しい建築基準法で建てられた強い構造や、最新の設備を備えて長く住める新築に比べて、中古住宅は考えている以上にリフォーム・修繕費用がかかります。
    古い中古住宅の場合は、40年経つ前に建て替えが必要になることもあります。
    これらをふまえてあなたに合った住宅購入を考えていきましょう。

    資金計画
サンアイグループでは新築戸建と中古住宅のどちらが良いかといったお悩みのご相談も承っております
いますぐ資料請求
住宅購入のポイント一覧に戻る

土地 売地 中古住宅などの不動産の取得 売却のご相談はお気軽にお問い合わせください

サンアイ不動産くらぶを見てとお電話を AM9:00~PM8:00まで電話受付
    ネットで来店予約 無料 資料請求

住宅購入のポイント

資金計画

消費税10%になるとどうなる? 資金計画の重要性 住宅ローン実例 住宅ローンの知識 今と3年後ではどっちがお得? 住宅コストは40年間でいくら? 賢い住宅ローンの組み方

土地探し

土地探しタイアップシステム 欲しい土地を見つけるポイント 土地が見つからない方へ 現地を見学したい方へ

住宅購入の基本

新築 vs 中古どっちがいいの?

サンアイ不動産くらぶについて

会社案内 店舗・スタッフ紹介

施工実績

施工例 モデルハウス

安心な暮らしのために

保証
  1. ネットで来店予約
  2. ハウスドゥ熊谷西店 ハウスドゥ東松山店
  3. 熊谷市の不動産はサンアイグループ
  4. UR都市機構
  5. JIO 日本住宅保証検査機構
ページの先頭へ戻る